無料で上達出来る英話勉強法、英会話教材の口コミ情報なら ペラペラ英会話同好会

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

英語ペラペラの秘訣
英語ペラペラの秘訣 英語ぺらぺらになれるためには、暗記に代表される精神論以外にも知っておく必要がある知識が存在します。まずは中級を目指してみてください。
大人の為の英語学習法
大人の為の英語学習法英語のテストで高得点を取るための勉強と、英会話が出来るようになるための勉強方法は全然違うはずです。大人にテスト対策は必要なし。
英語が聞き取れない人は
英語が聞き取れない人は 英語は早口で何を言ってるか分からない。ネイティブの話す音声をを繰り返し聞いてみたけど何も進歩が無かったという人は読んでみてください。
英単語の覚え方
英単語の覚え方子供は反復練習のみで覚えられても、大人はそうは行かないのが英単語の暗記!!大人はエピソード記憶を利用して覚えたほうが早い。
実践向きテクニック
実践向きテクニック 英会話で実際に失敗しがちなことや、日本人にありがちなニュアンスの間違いなど実際にネイティブに確認しまとめてみました。
実用トラベル英会話集
実用トラベル英会話集 トラベル英会話の基本フレーズを紹介しています。 オススメのYouTube動画も紹介していますので、参考にしてみてください。
完全無料で英語を勉強
実践向きテクニック YouTubeなどの動画や、無料で情報を提供してくれているサイトを上手に利用すれば、完全無料でもなんとかなるかもしれません。
英語ネイティブの発音集
英語ネイティブの発音集 実際に英語ネイティブ(アメリカ人)に発音していただいた、音源を聞くことが出来るページです。リスニングにお役立てください。
格安のオンライン英会話スクール集
格安のオンライン英会話スクール集 格安のオンライン英会話スクールを紹介しています。無料ではありませんが、びっくりするぐらい安価なレッスンが存在します。
無料で英語が勉強できるソフトのまとめ
無料で英語が勉強できるソフトのまとめ 無料で英語が勉強できるソフトをまとめました。ソフトを無料で配布してくれている人が結構いますのでありがたく使わせていただきましょう。

英語独特の周波数を聞き取れるようにならないと・・・英語が上達しない理由

英会話上達の第一歩は、ネイティブの話す英語が聞き取れるようになること。

そして、ネイティブの話す英語を聞き取れるようになりたいなら英語独特の周波数帯の音を聞き取れるようにならなければいけない言われていることをご存知ですか?

これ、私が試してみたところ本当だと思います。

英語と日本語を比較すると一番大きな違いは周波数の違いだといわれており、

この違いこそが日本人が英語を苦手な理由NO.1と考えられているので、英会話を上達したいなら真剣に考えたほうがいいと思います♪

この壁を乗り越えられるかどうかが、英語上達の鍵になりますので、英語が聞き取れない人はまずはこの問題からクリアすべきです。

どういうことかと言うと、日本語の周波数が125~1500ヘルツなのに対し英語の周波数は2000ヘルツ~12000ヘルツだといわれており、日本人の大人は英語の周波数帯の音を聞き取っても雑音として処理してしまう と考えられています。

「日本人の大人」というのがみそなのですが、日本人でも9歳ぐらいまでの子供はちゃんと英語を言語として処理できているのだそうです。

ちなみにこれを教育の現場では9歳の壁と呼んでいるそうです。

スピードラーニング口コミ

これに関して私は「周波数問題」と勝手に呼んでいるのですが、オールアバウトというサイトに詳しく載っていますので時間があったら読んでみてくださいね。

ということは、英語のリスニング教材を購入してリスニングのトレーニングを積むのであれば、この周波数問題をクリアできる教材を選らばなければ意味がありません。

脳科学での理論では、私達が日本語を習得する過程の中で日本人が言語として処理する必要の無い英語の周波数帯の音を脳が「雑音」として処理するようになるということなので

もし、この理論があっているとすれば、ネイティブが話す英文を聞くというレッスンをする前にやるべきことがあるのではないかと考えたんです。

だって、毎日頑張って雑音を聞いているなんてもったいないし、聞き取れないまま英文を聞いていても、「英語を聞いたことがあるだけ」で終わってしまう可能性が高いと思いました。

私が試してみた限りでは、この周波数問題目からウロコな情報で、この問題に取り組みはじめてからかなり英語リスニングが上達しました。

確かに、英語リスニングをトレーニングする過程の中でネイティブの話す英文をナチュラルなスピードで聞くことは必要不可欠な行為だと思います。

でも、私のように英文を聞いても何も頭に入ってこないようなレベルの人は

その前にリスニングの基礎をみっちり脳に叩き込むことが必要だと思うのです。

日本人の中には、そんなレベルの人(私もそうでした)がたくさんいるんじゃないでしょうか!!

※参考資料 allabout

一度覚えた英語を忘れないようにするには・・・コツが存在した

英語を習得したいなら、「読む」「書く」「聞く」「話す」はすべて大切だということは誰でも気がついていると思うのですが、これらを毎日楽しみながら趣味のように行っていると、半年後くらいには日常会話程度は出来るようになっています。

半年後くらいといいましたが、毎日あいている時間は全て英語の学習にあてるぐらいの努力はしてくださいね!

実際にはその前にスピードラーニングとか他の教材とか全部で2年ぐらい検証しているので、私がここまでになるのには約3年以上かかっています。

(ここまでってどこまでだ???という突っ込みはなしでお願いします。)

ですがそのほとんどの教材が長く続かなかったり、本当にこれで英語ができるようになるのか?と考えこんでしまったりしていたのですが、勉強方法さえわかってしまえば半年~1年ぐらいで日常会話ぐらいできるようになれると思っています。

「読む」「書く」は辞書と文法の本でOK!!

辞書は中学時代のもので十分ですし、英文法の本も1500円ぐらいで購入できます。

スピードラーニング口コミ

日常会話は中学英語のレベルで十分なので、中学校時代の辞書でなんとかなります。

辞書で単語と例文をひたすら声に出して読む!!

リスニング教材との併用なら、ストーリーに出てくる単語で知らなかった単語があれば必ず辞書で調べるようにしましょう。

英語辞典は発音も分かる優れた参考書です。

「文法や単語」に関しては地道に覚えましたが、文法なんて簡単に覚えられますし、単語なんてよく使われる単語しか覚えていません。

机に向かって覚える単語は1日10個も覚えれば十分でしょう!!

それよりも普段の生活の中で「行動」や「物体」を英語にできるか試してみる癖をつけて分からない「事」や「物」があれば辞書などで調べて単語ノートに書き込んで行きましょう。

英語が反射的にパッとでてくるようになるには、「語彙」を頭の中にどれだけ詰め込んであるかが勝負です。

一定の範囲に用いられる単語の集合を「語彙」というのですが、これらを身に着けるには英語の本を読むだけで自然に身に付くと言われています。

リスニングだって知らない言葉よりも知っている言葉のほうが聞き取りやすいでしょ?

脳みそに英語の「語彙」が入っていればいるだけ、英語を日本語に置き換えなくて済むようになりますのでちょっとは努力しましょう。

机に向かって英単語を覚え、普段の生活の中でも英単語を覚え、毎日少しずつ良く使われている英語のフレーズを覚えることで確実に一歩一歩英語ペラペラに近づいていきましょう!

そして私が語彙を読み書きして覚えることを勧める最大の理由は、語彙を読み書きした人と、そうでない人には差が生まれると言われているからです。

英語留学をして英語がペラペラになった人には2種類の人間がいるそうです。

それは日本に戻ってきた後、時間が経つにつれどんどん英語が出来なくなってしまう人と、時間が経っても英語がベラペラのままの人です。

その違いは英語の語彙を読み書きして覚えた人と、英語圏の生活の中で英語に慣れて覚えただけの人との違いだそうです。

つまりペーパーテストの成績が良かった人(読み書きした人)は、常に英語に触れていない環境でも英語がペラペラのままで、読み書きをサボって感覚で英語を覚えた人は常に英語に触れていない環境だと、どんどん英語を忘れていってしまう傾向にあるようです。

学校で頑張った英語の勉強はムダじゃなかったんだという1つのデータだと思います。

そのことについてはこちらのページで詳しく説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録