英会話(英語)勉強法

大人の為の英会話(英語)勉強法

ここでは日本人の大人が学校や英会話教室に通わずに、独学で英語を勉強するにはどんな方法が有効なのか?

を追求していきます。

管理人が実際に体験した事やネット上の情報、書籍、雑誌などから、日本人の大人が英語を習得する上で使えそうな情報や管理人独自の考えを掲載していきます。

私は英語の勉強に限らず勉強というものは何も考えずに始めるよりも、いろいろな情報を収集しながら自分にあった勉強方法を探していくほうが近道だと考えています。

例えば受験や資格試験などにも「勉強のしかた」や「虎の巻」といわれる情報が存在します。

つまりハウトゥー(How-to)情報ですが、これらの情報は、それを読んだだけで受験や資格試験に合格できるというものでは無く、こうしたら要領よくできる、こうすれば最短で勉強できる、このフレーズは覚えなくてもOKなど、無駄なことをせずに目的を達成するための情報です。

私はめんどくさがりなので、この情報にスポットを当てて日々研究しています。

あなたが、すでに英語の習得を諦めてしまったというのであれば、もう1度やり方を変えて挑戦してみませんか?

もしかしたらこのページのどこかに、あなたが今までに勉強したことを活かせる情報が眠っているかもしれません。

英語脳と日本語脳という考え方

このサイトでも「英語脳」という言葉がたくさん出てきますが、日本人の大人が英会話の学習をするまえにぜひ意識して欲しいのがこの「英語脳」です。

「英語耳」なんて呼ばれ方もしますが、私が知る限りでは、「英語は逆から学べ!」の著者である「苫米地博士」が作り出した「造語」で、要するに英語を話すための脳の場所のことです。

では日本語は?ということになるわけですが、この言い方を使って造語を作るとしたら、日本語は「日本語脳」で話すということになります。

このへんの考え方に関しては脳科学の先生方の仮説を信じるしかないのですが、日本語と英語を話すバイリンガルは日本語を話すときと英語を話すときに、それぞれ脳の違う場所を使って話していると考えられています。

多くの言語学者が、この「独立回路説」が有力だといっていて、英語を話すには「英語を操るための脳」が必要だと考えられています。

人間の脳はまだ完全に解明されたわけではないのであくまでも多くの言語学者の「仮説」にすぎませんが、実験や症例などから考えてもかなり有力です。

例えば、バイリンガルの脳の実験で一方の言語を操っているときにはもう一方の言語回路が働かないように抑制されていることが分かった。

とか

交通事故で脳損傷を起こしたバイリンガルが一方の言語だけ話せなくなるような症例が実際にあったとか、独立回路説の裏づけはたくさん存在します。

では、単純に考えるとその「英語脳」を作れば英語が話せるということになるのですが、実はもう1つ覚えておかなければいけないことがあります。

それは、英語圏に留学してから日本に戻ってきた学生を対象に行ったとされる実験です。

留学から戻ってくると、当然英語は使いません。

その中で、時間がたつにつれどんどん英語が話せなくなっていってしまう学生と、時間がたっても英語ペラペラを維持できる学生の2パターンが存在するそうです。

その違いは

学校の英語のペーパーテストで成績がよかった学生は、留学から帰って来ても、ずっとぺらぺらを維持出来たのに対し、ぺーパーテストで点の取れない学生の方は、日が経つにつれて、しゃべれなくなってしまったそうです。

これはどういうことか、私なりの仮説なのですが

ぺーパーテストで点の取れない学生 ⇒ 英語脳のみを鍛えて英語を覚えた。

ペーパーテストで成績がよかった学生 ⇒  日本語脳で英語の勉強をして、さらに留学で英語脳を鍛えた。

私なりにこのような仮説を立てました。

つまり、「英語脳」だけを鍛えても、英語を話す環境でなければ「英語ペラペラ」を維持できないのだと考えました。

ではどうすればいの?

私の答えは、「日本語脳、英語脳、両方で英語の学習をすればいい」このように考えています。

日本語脳で英語の勉強をするとは、「日本語で英語の勉強」をしている状態で

英語脳で英語脳勉強をするとは、「英語で英語の勉強」している状態です。

もう少し分かりやすく話すと、英語脳で英語の学習をするなら、日本語を一切排除しなければなりません。

日本語訳を聞いてもいけませんし、見てもいけませんし、日本語で考えてもいけません。

もっと言うと英文法の説明も英語で読まなければなりませんし、分からない単語は英英辞典で引かなければなりません。

日本語脳で英語を勉強するということは、日本語で理解しても良いと言うことなので、英文法の説明は日本語で読めるし、英語リスニングの後の日本語訳を聞いてもいいことになります。

ですので、英語の後に日本語訳が流れるような英語リスニング教材は「日本語脳」で英語の学習をしている常態です。

日本語を聞いてしまっている時点で、日本語脳が働いてしまっています。

私はこの「英語脳」「日本語脳」を切り替えて英語の学習をするということを常に意識して英語の学習をしています。

例えば午前中は英語の映画を付けっぱなしにして、英語で書かれた本を読んだり、英英辞典で英単語を調べたり、英語圏の小学生が勉強で使う英文法の教科書を英語で確認したり、英語で日記をつけたりとにかく「英語漬け」状態にして「日本語を排除」します。

逆に午後は日本語で英語の学習をすると決めて、日本語で書かれた英語の参考書を読んだり、英単語も日本語で調べたりして「しっかり日本語で英語を理解する」ように意識して英語の学習をしています。

私はわざと脳の切り替えをしながら英語の勉強をすることで、やることが明確になりました。

学校の勉強は後者ですね。

この学習方法がすべてとはいいませんし、この考え方があっているという証拠もありませんが、この考え方を意識するようになってから英語力が上がっていったことは間違いありません。

大人は赤ちゃんや子供とちがって、日本語脳を使って英語のルールや日本語を使って英語の意味を理解することが出来るという「特権」を持っています。

さらに「英語脳」を鍛えることで、英語リスニング能力を鍛えたり、英語を英語で理解することも可能になるわけですから、両方同時に鍛えるのが正解なのでは?

と勝ってに思い込んでいます。

英語脳も大切だけど、日本語脳も大切!!

こんなことなら英語圏で生まれるかハーフだったらなあ!!

と何回も思いましたが、日本人で母国語が日本語である以上、英語を話したいなら「勉強」するしかありません。

私は日本人で英語ペラペラになった人を知っていますので、大人になってからでも英語が話せるようになることは間違いありません。

日本語をマスターした私達に英語が習得できないはずがありません!!

まずは英語中級者をめざしましょう!

その1・・・日本人の弱点を克服する (英語を聞きとれるようになる)

英語中級者になるためには、まず最初に「英語を聞き取れるようになる」トレーニングをしましょう。

英語を習得する上で、まずは英語が聞き取れるようにならないとお話になりません。

一般的に考えると、ゆっくりなスピードの英語を聞き取る練習からはじめて、慣れてきたらナチュラルなスピードの英語を聞き取れるような練習をしていくと考えると思います。

それも正解なのですが、私はそれは第二段階だと考えています。

その前に行うことがあります。

それは日本人の弱点を克服するとうことです。

日本人が英語が苦手なのにはちゃんとした理由があるといわれています。

その理由を知らずにリスニングのトレーニングをするのと、しっかり理解して対策をとるのとでは習得する時間が大幅に変わってきます。

中にはこれらの弱点を克服しないと英語が取得できない人もいるかもしれません。

もちろん個人差があるので、全員にあてはまるわけではないと思いますが、日本人の大人のほとんどにあてはまると考えられています。

これについては別ページで説明していますので、下記リンクからジャンプして読み進めてください。

今まで何をやっても結果が出なかったという人はぜひ試してみていただきたい方法です。

駅前留学で大金を使う必要はありませんので独学でがんばっていきましょう。

リスニングとリーディングの違い

その2・・・これだけ覚えれば英会話が出来る!? (ネイティブが使うパターンだけを効率よく覚えよう!)

日本人の大人の為の英語勉強法その2は、「ネイティブの使う英語のパターンを丸暗記してしまえ!!」です。

英語を話すことが出来るネイティブのみなさんも、全員が言語学者ではありません。

つまり何が言いたいかと言うと、そんなに難しい英語や余計な英語は知らなくても英語は出来るということです。

実際に英語圏の方が話す英文にはパターンがあり、ある程度の英語フレーズを覚えてしまえば、理論上は英語は話せるようになるとのことです。

実際には英語が聞き取れないとお話になりませんので、英語が聞き取れるという前提で話すと300前後のパターンを覚えてしまえば、ある程度の英会話はできるそうです。

丸暗記法というのは中学校時代からやらされていると思うのですが、皆さんは片っ端から暗記しましたか?

先生が「ここテストに出るぞ!!」というところや教科書の太線の四角で囲ってあるものだけを暗記しましたよね!!

英語も同じで、全てを丸暗記するのではなく、このフレーズさえ覚えてしまえば、応用して同じパターンの英語が話せるというものが存在します。

もしかしたら、あなたもこの勉強方法で英会話が出来るようになるかもしれません!!

英語を習得したのなら、小難しい文法をたくさん知っていることよりも、ある程度の英語のパターンを知っていることの方が大切です。

英語を流暢に話せるようになるには何も考えずに瞬間的に英語が思い浮かぶようになるまで英語の語彙を詰め込まないといけませんが、ある程度英会話ができるようになると面白くなるので英語の勉強も加速します。

英語リスニングと同時にネイティブが使う簡単なフレーズは覚えてしまいましょう。

その3・・・実践で英語の語彙を出来るだけたくさん覚える (日本人特有の返り読みをなくす)

ここまでくれば、あなたはすでにある程度の英文が理解できている状態だと思います。

ですがこれで十分ではありません。

ここまできたら、瞬発力をつけていきましょう。

英語を習得する時によく言われていることなのですが、日本人は英語を一旦、日本語に置き換えてから理解しようとするので、一旦日本語に置き換えずに英語は英語として理解しましょうといわれます。

英語として理解しろと言われても、最初のうちは日本語をベースに英語を理解してしまうのは仕方がない事だと思います。

もちろん私達日本人は日本語を日本語として捕らえる事が出来ます。

それはなぜでしょうか?

それは日本語の語彙をたくさん知っているからです。

脳みその中に日本語の語彙がたくさん詰め込まれているので、瞬間的に必要な語彙の入った引き出しを開けることが出来ます。

なんだかちょっと理論的なお話になってしまいましたが、英語も日本語と同じようにたくさんの語彙を脳みそに詰め込んでおけば、瞬間的に英語が出てくるはずです。

それを磨けるようになるのは、読書です。

物語になっているリスニング教材もいいかもしれませんが、私がオススメするのは安上がりな読書です。

しかも最もオススメなのが、日本のマンガを英語で読むという勉強法!!

日本のマンガは世界的に人気があるので英語版もかなり出回っています。

これなら英語の語彙が楽しく覚える事が出来ますし、日本版のマンガをもっていれば辞書も必要ありません。

英語で読む日本のマンガ

英語版のマンガもいいですが、英語版の小説もたくさん読みましょう。

そうすればさらにレベルアップすることが出来ます。

ハリーポッターシリーズがすらすら読むことが出来れば、あなたはもう英語初心者ではありません。

英語の小説を読む

ただし、英語初心者のあなたには、マンガも小説もまだまだ先の話です。

実は、日本人特有の返り読みをなくすにはちょっとしたコツが存在します。

それは、一瞬で理解できる英語のレベルまで落として読書をすること!!

詳しくは下記のページを読んでみてください。

 

また、語彙を覚える上で重要になってくるのが「句動詞」の存在です。

英語は「動詞が大切」とよく言われますが、口語に関しては「句動詞」の存在を無視できません。

句動詞は「動詞+前置詞」や「動詞+副詞」になる形の語彙で、動詞に前置詞や副詞がつくことで、その動詞とはまったく違う意味になる語彙のことです。

学校では「熟語」といって暗記させられり、句動詞の一部は「イディオム」として覚えた人も多いと思います。

句動詞=イディオムではありませんが、句動詞の中にイディオムも混ざっていますのでそうなったんだと思います。

「句動詞」ネイティブ動詞の会話の中でしょっちゅう出てきますので、意識して覚えるようにすると英語ペラペラに近づけます。

さらに英語力をつける

その4・・・英単語を覚える

その3までクリアできている人は、すでに中級と言ってもいいレベルになっていると思うので、すでにある程度の英単語も覚えていることと思います。

ですが、もっともっと英会話を楽しくするために、現時点であなたの知らない英単語もどんどん覚えていきましょう。

専門的な英単語や、自分の使わないような英単語ではなく、これからあなたが使って行くであろうジャンルの英単語をどんどん書き出して覚えていきましょう。

最悪は「それってどう言う意味?」って相手に意味を聞いてしまえばいので、学校のテスト勉強のように詰め込む必要はありませんが、ビジネスで英語を使う人などはそのジャンルでよく出てくる英単語を覚えるのが賢い選択だと思います。

意味の似たような英単語は1つ覚えてしまえばコミュニケーションできますが、意味が近い英単語は「ひとかたまり」で覚えることで覚えやすかったりしますのでついでに覚える癖をつけましょう。

ですが、「英単語を覚えろ」と言われると辛くなってくるのは私だけでしょうか?

英単語の丸暗記には中学、高校時代に誰でも苦労したはずです。

行きと帰りの電車の中で単語帳をぺらぺらと・・・・そんなことは今さら必要ありませんが、やはり英単語は毎日コツコツと覚えるのが有効です。

ただし、前述したように詰め込む必要はありません、お風呂で独り言を言ったり、英語で日記を書いたりしながら、毎日のあなたの生活に結びつけながら覚えていくのがコツです。

英語を習得する上で、英単語をたくさん知っているほど有利になることは、誰でもわかっているかと思います。

面倒ですし、「よし英単語を覚えるぞ」と意気込んでも膨大な英単語を端から覚えるなんてキリがありません。

はっきり言ってゴールは見えません。

終りなき旅です。

これは誰でも感じてしまう感覚な訳ですが、モチベーションが上がらない人はこう考えてください。

実は日本語には外来語が多いんです。

三省堂出版の国語辞典には6万2000語が収録されているそうなのですが、そのうち約6000語が外来語だといわれています。

外来語は英語の他にポルトガル語、スペイン語、オランダ語、ドイツ語、フランス語など様々な国の言葉が元になっているので、すべての外来語が英語な訳ではありませんが普段の生活の中で知らず知らずのうちに英語を使っているはずです。

つまり一般的な知識を持つ日本人ならば相当な数の英単語を知っている計算になるのです。

中学必修の英単語数が900語ですから、おそらくそれ以上の英単語は知っているでしょう。

英語をつかったらペナルティとして罰ゲームをしたり、お金を出すゴルフやボウリングのお笑い番組がそのことを物語っていますよね。

英語に近い言語は別としても、それ以外の外国語を使う人たちに較べれば、相当なハンデをいただいているのです。

しかも日本人は「漢字」「カタカナ」「ひらがな」が複雑に絡み合った言語を操る民族です。

あなたが本気になれば、英単語ぐらい簡単に覚える事が出来るはずです。

と過去に読んだ本に書いてあったのを思い出しました。

その通りですよね♪

その5・・・英文法はサクッと覚える

英語を習得したいなら、英文法を覚えることもはずす事はできません。

といっても、私はそんなに真剣に覚える必要は無いと思っています。

英語の文法なんて簡単に覚える事ができますのでサクっと覚えてしまいましょう。

みなさんは、日本語の文法を「呼び方」で覚えていますか?

たぶん、実践で覚えてきただけで、現在進行形とか過去なんとか形とか小難しい名前は覚えていないと思います。

それで問題ありません。

英単語やある程度の英語フレーズを覚えた後で、1冊だけ英文法の本を読破してください。

ある程度の英語のフレーズを覚えた後なら、おそらくかなりの文法をすでに覚えているはずです。

ああこれね!!

そんな感じで読んでいくことが出来るはずです。

何冊も読む必要はありません。

1冊で十分です。

継続は力なり

その6・・・一番重要なのはやはりコツコツ

「ローマは一日にして成らず」といったらちょっと大げさかも知れませんが、毎日ちょとずつの勉強はかなり戦力になります。

簡単な英会話程度ならそんなに努力する必要はないかと思いますが、「英語を習得する」レベルだとそうはいきません。

英語を流暢に話せるぐらいになりたいなら、書く、読む、話す、聞き取る、はどれもはずすことができません。

「何だ結局英語を習得するのに近道なんてないんじゃん!!」と突っ込みを入れられてしまいそうですが、最低限の単語や文法は覚えておかないと、どうにも前に進むことができません。

英語をストイックに勉強する必要はありませんが、「ちょっとずつ毎日」がポイントです。

「継続は力なり」とは誰が言った言葉なのかは知りませんが、まさにその通りだと思います。

継続すれば1年後にはあなたも同じことを感じるでしょう。

まずは半年間毎日英語の勉強をしてみてください。

英語版の絵本を毎日読むだけでも必ず進歩を感じられるはずです。

洋書の読書が毎日の習慣になってしまえば最高ですね!!

英語の勉強が苦痛になってしまうと本末転倒なので、楽しく勉強することがコツですが、諦めなければ道は開けます。

もしあなたが英会話初心者なら、まずはこのページから読んでみてください


もしかしたら、英会話が上達するきっかけになるかもしれません。