スリランカ 英語留学

スリランカでの英語留学

スリランカでの英語留学は人との触れ合いの多い、大きな経験となる留学になるでしょう。

南アフリカのインド半島南東に位置するスリランカは、国民の7割が仏教徒で、国内にもシギリヤロック、ダンブラ洞窟寺院などの魅力的な世界遺産が多くある国です。

スリランカといえば紅茶が有名ですが、最近では日本からの旅行先としても大変人気になっています。

この国は自然が豊かで、珍しい野生の動物も多く生息しています。

そのため、サファリツアーや美しい海で体を癒すビーチリゾート、そして伝統的なエステやショッピングも楽しむことが出来ます。

このように、海外旅行先として人気を高めつつあるスリランカですが、最近では英語留学先としても注目されています。

このスリランカではシンハラ語とタミル語という二つの言語が公用語として使われています。

しかし、スリランカに住むバーガー人とユーラシアンという民族は英語を母語として使用しており、民族間の連結語として英語が採用されていることから、スリランカに住む人々で英語を話すことが出来る人は少なくありません。

最近ではスリランカでも英語を学ぶことの出来るスクールが増えており、日本以外からも多くの国の人がスリランカへと英語留学へ足を運んでいます。

豊かな自然と世界遺産の他に英語留学先としてのスリランカの魅力は、なんといっても人々の暖かさでしょう。

スリランカの人々は多くの人がとてもフレンドリーで、日本人にもとても親切にしてくれます。

留学、特に初めて海外へ足を運ぶ人ならば、一番心配になることは人付き合いです。

ですが、スリランカでは温かな人々によって、人付き合いで悩みを抱えることは少ないでしょう。

このように英語留学先としても魅力が多いスリランカですが、いくつかの問題点があります。

英語を話すことが出来る人が限られている、日本人が少ない、そして政権が不安定だということです。

現在では前と比べて安定しているといえども、スリランカは少し前までは大変政情が不安定でした。

そのため現在でも治安がいいとはいえず、他の英語留学の候補となる国と比べても安全とは言うことが出来ません。

魅力的な国、スリランカですが、渡航する場合には事前にきちんとした情報収集を行ないましょう。